在宅緩和ケアセンター

  • ホーム > 
  • 在宅緩和ケアセンター

在宅緩和ケアセンター

在宅緩和ケアセンター

在宅緩和ケアセンター

特色

  • 患者さんに対する緩和ケアをチームで行います。
  • 病気に伴う様々な問題は、痛み、不快な症状、精神的不安、経済的不安など、多岐にわたります。
    それらの問題に対して、多職種チームで介入することで様々な視点から総合的に支えていきます

在籍スタッフ

総合診療・緩和ケア医、精神科医
看護師、理学療法士、作業療法士、管理栄養士、社会福祉士、公認心理師

治療

  • 在宅疼痛管理オピオイド持続注射など
  • 腹水の除去ポータブルエコー装置を使用
  • 酸素吸入呼吸状態に応じ、在宅酸素装置を手配
  • 補液IVHもしくは末梢/皮下輸液を適宜実施

たしろ まさき田代 雅紀 <センター長>総合診療科 / 緩和ケア科 センター長

総合診療科 / 緩和ケア科 センター長 田代 雅紀

総合診療科 / 緩和ケア科 センター長 田代 雅紀

患者様とそのご家族にとって、
緩和ケア医は“登山ガイド”のような存在。

医師として、患者様にできる限りのことをするのは、当たり前のこと・・・

「緩和ケア」でより大切なのは、ご家族ともできるだけしっかりと向き合うこと。

ちょうど、登山ガイドが、登山者たちに険しい道を事前に教えたりしながら、一緒に最適なルートを辿り頂上を目指すのと似ている気がしているんです。「緩和ケア」の場合は、患者様を頂上で無事みとった後、ご家族を支え下山し、続きの人生を、前を向いて歩んでもらわなくてはなりません。
ご納得いただける「緩和ケア」とは、そこまでを包括すべきだと私は考えています。

在宅医療では、スタッフ連携によるチーム力が維持しにくい側面があると思うのですが、ここファミリークリニックでは、私が以前勤めていた大きな病院とほとんど変わることなく、専門プロチームによる医療体制が整備されているため、こういった皆が納得のできる「看取り」や「ご家族のケア」の実現性が高まるのだと日々実感しているところです。

新しい患者様の4人に1人は末期がんという現実ではありますが、できるだけ自然体で、最適かつ納得性のある在宅医療とは何かを自身に問いかけながら、がん・緩和の資格を有する私の専門性を生かしていきたいと考えています。

一番上に戻る
在宅医療に関するご案内パンフレットダウンロード
一番上に戻る
在宅医療に関するご案内パンフレットダウンロード